当日出荷

ご注文状況により変更となる場合がございます。正確な出荷日は、店舗からのご注文確認メールをご覧下さい。


ツイッター

ワインセラーエスカルゴの公式twitter開設しました。フォローをお願いします!

  • レキストラヴェルティ ペルトワ ルブラ
  • クロ・デ・ミグラン フェヴレ
  • モンテ・デル・フラ カ・デル・マーグロ
  • ダヴィド・デュバン ブルゴーニュ・ルージュ
  • キュヴェ ギョタク ミットナット フレール
  • ピエール・ペテルス
  • シャトー・サン・ドミニク
  • マコン ヴェルゼ ルフレーヴ
  • コレッツィオーネ・チンクアンタ

商品を検索する

キーワード入力

在庫無し商品を
検索結果に



 

ワインを検索する

価格
円〜
円まで






キーワード入力

在庫無し商品を
検索結果に



 

おすすめカテゴリー一覧

おすすめカテゴリー一覧

国・地域で探す

フランス
  • イタリア
  • スペイン
  • ニュージーランド
  • アメリカ
  • オーストラリア
  • 日本

村で探すブルゴーニュ

コート・ド・ニュイ
コート・ド・ボーヌ

ご利用ガイド

カレンダー

定休日:(土・日曜日)
臨時休業日

ご注文は24時間受け付けております。

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

商品カテゴリ一覧 > 生産国別 > ニュージーランド > セントラル・オタゴ > サトウ・ワインズ

 Sato Wines サトウ・ワインズ

ビオディナミで作るセントラル・オタゴを代表するワイン

佐藤夫妻がニュージーランドに起こしたワイナリー

サトウ・ワインズは佐藤嘉晃・恭子夫妻による小さなプロジェクトとして 2009 年に始まりました。初リリースとなった 190 ダースの2009 ピノ・ノワールにつづき、その後リースリング、ピノ・グリそしてシャルドネが徐々にラインナップに加わり、現在年間総生産量は1,300 ダースとなっています。同じ勤務先であった日本の銀行で知り合った佐藤夫妻は、転勤先のロンドンで世界のワインに触れ、お互いワイン好きが高じて、いつしか自分たちのワインを造ろうと思い描くようになりました。そして2006 年に自分たちのワインを造るべく、ニュージーランドへ渡り、クライストチャーチのリンカーン大学で栽培・醸造学を学びました。

大学卒業後間もなく夫妻はセントラル・オタゴに落ち着き、バノックバーンにあるフェルトン・ロードでワインメーキングのキャリアをスタートしました。チーフ・ワインメーカー、ブレア・ウォルターのもとで 2 年半の間、畑とセラーで従事した後、佐藤嘉晃さんは自分たちのワインを造るべく、ギブストンにあるマウント・エドワードへ移り、そこで 4 年間ワインメーカーとして勤務する傍ら、Sato Wines を設立しました。そして 2012 年に自分のワインに集中するため、クロムウェルの地元のワイナリーのスペースを借り、サトウ・ワインズのプロジェクトを推し進めていきます。また恭子さんは、現在もフェルトン・ロードの畑のマネージメントに携わり、ヴィンヤード・スーパーバイザーとして従事しながら、そのビオディナミの知識を自らのワイン造りに活かしてきています。

ビオディナミで造られる信念のこもったワイン

サトウ・ワインズのワインは、セントラル・オタゴで有機及びバイオダイナミック農法で育成されたブドウから造られます。「ブドウの樹は有機及びバイオダイナミックによって育成されるべきで、ワイン造りにおいても極力、人の手を介さず、化学薬剤や添加物を使用しないこと」が夫妻の信念で、限りなく自然に任せたワイン造りを目指しています。畑とワイン造りのプロセスのなかで、自然の微生物のバランスが維持されてはじめて、ブドウ樹が育ったテロワールの真のキャラクターが純粋にワインに表現されると信じ、それがサトウ・ワインズの基本理念となっています。

亜硫酸の添加においても、通常ボトリング直前のみに僅かに用い、圧搾及び発酵時には添加しません。亜硫酸はワインに複雑味を与えるブドウ由来の微生物の活動を阻害するという考えからです。

ジャンシス・ロビンソンにもセントラル・オタゴを代表するワインとして紹介

また佐藤夫妻が体にやさしく、スムーズな喉越しのワインを求めており、その姿勢はヨーロッパで夫妻が修業したいくつかのナチュラルワイン生産者に共感するものでもあります。佐藤夫妻はこれまでニュージーランド以外に、ヨーロッパの生産者のもとでもワイン造りの研鑽を積んできました。そのなかにはドイツ 、バーデンのベルンハルト・フーバー(2007 年)、フランス、ルーションのドメーヌ・マタサ、ブルゴーニュのジャン・イヴ・ビゾー (2008 年)、アルザスのジャン・ピエール・フリック(2009 年)が含まれ、また妻の恭子さんもボーヌのフィリップ・パカレ、マコンのジュリアン・ギヨ、アルザスのクリスチャン・ビネールなどで同様に醸造の経験を積みました。

デリケートでどこまでも純粋なワインを追求するサトウ・ワインズは世界のワイン愛好家の間でも注目され、アジア、オセアニアのみならず北米、ヨーロッパにも輸出されています。評論家ジャンシス・ロビンソンも高くサトウ・ワインズを評価しており、著書「 TheWorld Atlas of Wine 7th Edition」では、サトウ・ワインズをセントラル・オタゴの代表銘柄として紹介しています。
この生産者の他のワインを探す

現在登録されている商品はありません